HOME > 学校紹介 > 施設紹介

施設紹介/学校紹介

こちらのページでは、IWAD環境福祉リハビリ専門学校の校舎や設備をご紹介します。体験入学や学校見学などで来校していただくと、これらの設備や授業風景を実際に見ていただけます。

遠方在住で学校見学においでになれない方はこちらのページを閲覧ください。

IWAD環境福祉リハビリ専門学校では、様々な実習用設備があり、それぞれのコースで習得すべき技能をしっかり身に付ける環境が整っております。

施設・設備

1介護実習室
介護福祉士を目指す学生が介護技術のノウハウを学びます。ベッド・車いす・浴槽が完備されています。食事・排泄・入浴の三大介護をはじめ、ベッドメーキングや着替えなど高齢者の暮らしの一つひとつをイメージした演習を行います。
2玄関
玄関にはフラワーデザインコースの学生たちの作品がたくさん飾られております。玄関前の階段や周辺にもたくさんのお花が飾られており学生たちが日々管理を行います。また、階段横には造園デザインコースの学生が設計したお庭があり剪定を含めた管理を行います。
3図書室ロビー
学生たちがくつろげる空間。学生たちの作品も数多く飾られています。新聞や月刊誌はもちろん、環境・植物・福祉をはじめとする専門書が数多く並び、学生たちがいつでも閲覧できるように開放しています。
4家政実習室
農園芸生産コースの授業では農場で採れた作物を使い、漬物やジャムなどの加工品をつくります。また介護福祉コースの授業では介護食について学びます。その他にも冬の懇親会などでは学生たちがたくさんの料理を作ります。
5パソコン室
授業はもちろん、休み時間も自由に使える学習空間です。授業では様々な職場で役立つパソコンスキルの基礎を学びます。CAD専用パソコンも設置し、主に造園デザインコースの学生が使用します。その他就職情報の掲示コーナーもあり、すぐにパソコンを使って情報確認ができます。
6園芸実習場
主にフラワーコースの学生が授業で使用する植物を管理する実習場です。学生たちが楽しみながら植物の姿を日々観察し、それを授業に活用できるように工夫してあります。
7園芸療法実習場
園芸療法コースの学生が種をまき育てて、アレンジしたり、押し花を作ったりと活用しています。移りゆく四季を草花を通して感じ、ベランダ花壇を作ることにより、1年を通じての植物の育て方を学びます。ハーブコーナーもあり、ハーブ授業にも活用しています。

伴実習農場

広島市安佐南区沼田町伴にある、4,290㎡の実習農場です。

造園デザインコース、フラワーデザインコース、農園芸生産コース、自然環境再生コース、園芸療法コースなどがここで実習を行います。

樹木、草花、野菜など、1年間を通して栽培することにより、管理、用土、病害虫など植物の特性を学びます。

また、学校での講義で庭園のデザイン、設計、製図学び、実習農場で施工し、庭を完成させます。

こうした一連の作業を通して実際の庭造りを体験し、より実践的な知識・技能を身に付けます。

第一農場の風景

第二農場の風景

伴実習農場の主要栽培作目(出荷時期)

NO 農産物 6 7 8 9 10 11 12 1 2
1 ダイコン
 
 
2 ニンジン
 
 
3 ジャガイモ
 
 
4 サツマイモ
 
5 サトイモ
 
6 コンニャク
 
7 タマネギ
 
8 カボチャ
 
9 ハクサイ
 
10 キャベツ
 
11 ナス
 
12 ピーマン
 
13 キュウリ
 
14 トマト
 
15 ミニトマト
 
16 ズッキーニ
 
17 カブ
 
PAGETOP